企業登録はこちら
HOME > 一次産業で働きたい方へ > 漁業スタートガイド

漁業とは

漁業は、様々な方法で魚介類を獲り、それらを売ることで生計を立てる仕事です。漁業を行う海域によって「沿岸漁業」「沖合漁業」「遠洋漁業」に分けられます。それぞれが狙う魚介類や漁法も異なり、漁師の生活スタイルもそれぞれ異なります。また、自ら育てた魚介類を出荷する漁業を「養殖業」といいます。養殖業は、目の前の海に設置したイケスで魚を育てる漁業で、釣りなどの獲る漁業とはやり方も漁師の生活スタイルも全く異なります。

仕事としての「漁業」の魅力

漁師には、自分で経営する「独立型」と、船主などと呼ばれる経営者などに雇用される「雇用型」があります。沖合・遠洋漁業や沿岸漁業の定置網漁業などは雇用型で、それを営む船主や団体の乗組員として採用されれば、漁師として働けます。一方、独立型の漁師は沿岸漁業が中心で、小型船を所有して個人で仕事をします。この場合は、船を動かすための「小型船舶操縦士免許」や「海上特殊無線技士免許」などの免許が必要となります。また、漁業の種類によっては「漁業権」も必要になります。そのほか、漁を行う土地に馴染み、そこの地域住民から親しまれる存在になることも大切です。

どんな人が働いているの?

椎名大敷組合所属

川島 将さん

就業までのストーリー

すし屋を経営していた父親の影響もあり、休日には築地市場に出向き、いろいろな魚を見ていたら漁業に興味がわき、就業を考えるようになりました。また、都会で忙しく仕事に追われる日々を送っていたことから、自然に囲まれた生活を送りたいと考えていたところ、漁業就業支援フェアで室戸市の大型定置網漁業を知って、家族で一週間滞在し短期研修をさせてもらいました。地域にも馴染めそうだったので、一年間の技術習得研修を受講し、平成26年10月から正規雇用され現在に至っています。
仕事は、冬の早朝は寒さが厳しいなど辛い部分もありますが、一生懸命やれば役職も給料もアップするため、やりがいがあります。移住する際に、子供の通学に送り迎えが必要なことや住居を探すことに苦労しましたが、地域の人に協力していただき、無事に就業することができました。

高知県の漁業事情

漁業は自然を相手に、自分の力で道を切り開いていく、「おか」では味わえない達成感を得られるすばらしい職業です。最近では、海好き、釣り好きが高じて漁師になる方や、都会の喧騒から離れて自然と対峙したいという理由で漁師になる方もおられます。

黒潮が育む豊かな水産資源

713キロメートルの長い海岸線を有し、沖合には黒潮が流れる高知県は、豊かな水産資源に恵まれています。 それぞれの地域で、その地域の特性にあった多種多様の漁業が営まれています。沿岸部では独立型の漁師が営む釣り漁業、ひき縄漁業、はえ縄漁業などが、雇用型の漁業として定置網漁業やまき網漁業などが営まれています。これらの漁業では、日本有数の生産量を誇るキンメダイ、清水サバで有名なゴマサバ、宗田節の原料となるマルソウダなど多種多様な魚が漁獲されています。

「土佐の一本釣り」で有名なかつお一本釣り漁業は、黒潮に乗って北上するカツオの群れを追って操業しています。

また、マルソウダを原料にした宗田節や、イワシシラスを原料にしたチリメンジャコなど、その土地ならではの水産加工業が営まれています。一方、四万十川に代表される高知県の河川は、アユ、アマゴ釣りなどに多くの人々が訪れ、自然と触れ合う場となっています

漁業への就業をしっかりサポートいたします!

就業までには、一定の流れに沿って、計画的に行動することをおすすめします。
途中段階で迷ったり、後戻りのないよう、あらかじめ全体の流れを把握しておいてください。

サポート1 情報収集・相談
サポート2 漁業体験
サポート3 技術を身につける
サポート4 就業前後の支援
サポート1 情報収集・相談

相談会

漁業就業支援フェア(東京、大阪、福岡)
高知暮らしフェア(東京2回、大阪2回)

ホームページから資料収集

高知水産振興部 漁業振興課
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/040401/
『高知家で暮らす。 漁業がしたい』
http://www.pref.kochi.lg.jp/~chiiki/iju/shigoto/gyogyou.shtml
全国漁業就業者確保育成センター
http://www.ryoushi.jp/

高知で開催

漁業就業セミナー(年3回)
高知県内の漁業が盛んな地域で、就業支援制度の紹介や体験乗船、漁師さんとの意見交換等を行います。

サポート2 漁業体験

漁業と漁師さんの生活を体験!

漁業体験研修(短期研修)
県内の漁村地域で3日以上、7日以下の短期研修。研修に係る費用の一部を支援します。

サポート3 技術を身につける

漁師さんを目指そう!

担い手育成団体支援事業(長期研修)
研修期間/2年間(養殖業は3年以内)
※研修受入機関(担い手育成団体)による研修を支援します。

新規漁業就業者支援事業(長期研修)
研修期間/2年間
※研修中は生活費として月最高15万円を支援。その他の補助もあります。

独立に向けた準備として

免許を取得する

漁業就労安定化対策
1級小型船舶操縦士等の免許取得のための受講料を一部補助。

サポート4 就業前後の支援

独立を目指して漁船を持つ

自分の漁船を持つために

漁船導入支援(漁船リース)事業
研修生等の独立を支援するため、リース漁船を取得・整備する漁協に対して、その経費の一部を補助。

カンタン!無料!
3分で登録完了!
その他の高知の第一次産業 スタートガイド
農業
林業